スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
職場にて
2006 / 07 / 28 ( Fri ) 20:12:58
今週に入ってから職場で新人さんにお仕事教えてるんだけど、
まー出るわ出るわエゴの塊が!!!
相手はほぼ全くの素人。
出来ないことが在って当然。
出来ないってことには別段苛立ちも無く、そりゃそうだよなって
受け容れられるんだけど、ちょっとしたことが許せなくなるの。

使ったものを片付けなかったり、使用後に綺麗にしてなかったり、
製品を綺麗に陳列してなかったりとか、なんだこりゃー!ってなる。

なんだ~!?
きっちり整理整頓されてないと嫌って感じるんだ。
家ではもっと気楽な感じなのに、職場だと特にこうなるのね。

大元はなんだろな。
子供の頃は確かに「使ったものは片付けなさい!!」とか
「こうしなさい!」「あーしなさい!」とか云われてたけど、
もしやこれが自分の中に傷付いて残ってるのか。。。?
そういえば、怒られるたびに「わかってるよ。。!!」って感じに
逆切れしてた記憶が在るなあ。。。
きんきん云われると、イヤーってなって耳塞ぎたくなるんだ。

あの時どんな感じだったろう。
いや、あの時だけじゃなくって家族だけでもなくって、
誰かに責めたてられた時、わたしどう感じてたろう。

なんか自分の心が押しつぶされるみたいな感じだったな。
だんだん頭が重くなってきて、頭痛がしてきて。。。それでどうしたっけ。
結局最後には、自分は駄目なんだってそんな風に思ったんだ。
それだけじゃなかったと思うけど、たぶんそれがいちばん多かった。

この具現化はなんだろう。。。
出来ない自分を認められない?
出来なかった自分を許せない?

母がわたしを繰り返し責めたてたのは、許せない、認められない、愛せない自分がいるから。
わたしが母に責められたのは、わたしにそれを引き寄せる要素があったから。
互いが愛を持って接していれば、互いにいろんなことが許せるもの。

で、新人さんに対して苛立つのは、新人さんに映った自分が許せないから、だよなー。
と、思う。
だって出来なくてもまったく腹立たないことも在るもの。
つまり自分でも許せてることには腹が立たないのね(笑)
まんまやん!

今の仕事を通してわたしはたくさんの「しなければならない」強固なルールを作り、
自分を雁字搦めに縛っている。
誰かがそのルールを破ると許せなくなる。
苛立つ。憤る。苦しくなる。
ぎゅうぎゅうに自分を縛っているからね。

なんでそこまで自分を追い込むかって云えば、自分を許せないから。
出来ない自分を愛せない。
やれなかった自分を許せない。
んで、こうしなくちゃああしなくちゃって体裁繕ってゆく。
その方が安心だから。
だって周りから、「こいつは駄目なやつだ」「価値がない」って
云われずに済むから。てか、云われない為に追い込むんだよねー。

新人さんを通して自分の凝り固まったものとわたしは向き合っている。
見事に浮上した(笑)
制限がいっぱい!

こんなにあちこちぶつかれば、そりゃ疲れるはずや!
さっきね、ぐったりとして帰宅したんだけど、そのあと内観してたら涙が出たの。
相手がわたしの制限を教えてくれてるのがわかったから。
あの子はありのままでわたしに学びを与えてくれているんだよ。
なんかその愛が嬉しかったの。
ありがたいなあって。

今この時期に新人さんに教えることになったのも、わたしに必要だったからだよね。
なんかね、わたしが教えるって決まった時、感じたの。
ああ、これきっと、学びの体験だな。。。って。

わたし、出来ることからこつこつやってみる。
過去の自分に愛を送ってみたり、宇宙へ恐れを手放したり、
「ああ、わたしってそうだよねえ。」って受け容れたり。

なにか他にも理由があるかもだけど、見えたとこから始めよっと。






スポンサーサイト

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体


探求 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<抵抗から生まれるもの * HOME * 素材について>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://marugeritta.blog17.fc2.com/tb.php/96-942d47f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。