スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
分離・2
2006 / 01 / 11 ( Wed ) 03:01:57
今日もまた、いろんな私に出会った。
もう30年近く付き合ってきた私では在るけど、
頭で知っていた私では在るけど、
今まで、本当にちゃんと見えていなかった
私の姿をまたひとつ、見つけたんだ。


私は、仕事のミスを通して、私の心の癖を知った。
今まで無意識だった世界に、私のハッキリとした意識が
初めて介入をした。いわば、内観だ。

ミスをすることで、私の意識は自己否定にスライドしていった。
自分を責める。
周りの目をこれでもかと気にしてしまう。
何故か?
自己信頼が足りないから?
それは、そうなんだろう。
自己愛が不足している?
それも、その通り。
でも、それだけじゃない。

じゃあどうして?

それはね、私は自分の選択した結果を受け容れていないからだ。
全てとは云わない。
でも私の中には、真正面から受け取める勇気のない、臆病な私がいる。
誰かの責任ではなく、自分の責任を放棄しようとする私がいる。
それが、私自身の望む自由を阻んでいたのだ。

在りのままの自分を知ることを、恐れる私。

私にとって在りのままの私は、誰からも愛されない、
誰からも必要とされない、私の最も嫌いな私だから。。。
幼い頃から感じてきた多くの否定が、私の目を塞いでいた。

こんな私じゃ誰も好きになってくれない。
こんな私じゃ誰も私を認めてくれない。
周りから与えられた否定の全てをたくさん持っている私。
どこもかしこも、間違いだらけ。
こんなものを抱えたままじゃ、また誰にも相手にされない。。。

私の、インナースペース。
幼い頃の、傷付いたわたし。
見つけた。私のチャイルド。
こんなところにも、一人ぼっちで泣いていた。

ああ。。
認めよう。。。
私は私でいいってことを。
抱えたまんまでもいい。
どんな私でも、私は尊い。
本当に、尊いんだな。。。
私、もっと私を大切にしよう。

私は、ずっと、自分は虐げられても仕方の無い存在なんだと
思ってたんだ。思い込んでいたんだ。
「失敗」「間違い」=ダメな私。
この図式が、私の中に強烈に刻み込まれていた。
そしてこれが罪悪感を呼び、ダメな私を恐れ、周りの目を窺わせる。
無意識に、すり替える。
さらには、私の恐れる「ダメな私」を演じ続ける。

ただただ真っ直ぐに、結果と向き合えば良いだけなのに。

怖かった。晒すことが恐ろしかった。
また無価値で無意味な私になるのが嫌だったんだ。
私こそが、私を無価値で無意味にしていたんだ。

やっと、見れたよ。
長いこと心に影を落としてたものの姿をようやく見れた。
私は私の「悲しみ」に、光をあててあげよう。
気付けたから。
少しずつでいいから。
怖がらなくて、いいから。。。

                                                                 

責任って、なんだろう。
自身を責め立てること?
周りの目を気にして、自分を縛り付けること?
私は、どちらでもないと思っている。
あえて何か意味を与えるならば、自由選択の結果を、
歪めることなく在りのままに認めること、ではないだろうか。
(もちろん、認めなくてもいい)

罪悪感は、ただそこに在る「事実」「出来事」を囲うベールとなり、
幻想を生み、重い枷を心に植えつけてゆく。
罪悪感は、過去へと自身を縛り、未来への希望を恐れに挿げ替えて、
今、ここに生きると云うことを遮ってしまう。

出来事は、真っ白なカンバスだ。
そこに色(意味)を載せることで、一枚の絵(体験)が完成する。
自分の好きな色を、イメージを、描いてゆける。

だが過去の囚われは、かつて生み出した心地良くないものたちを、
何度も何度も複写してしまうのだ。時間と想いをかけて、模写をする。
それを、自分が望んでいることも在る。
それはそれでいい。それさえも、自由だ。

否定も批判も、感じるのなら、感じていいんだ。
否定や批判に抵抗せず、その感情が心に在ることを認めてあげる。
許してあげる。ただそれだけでいい。どんな想いも在っていい。
そんな自分を責めなくていい。
たったそれだけで、今まで何が自分の目を塞いでいたのか
ふっと見える瞬間が在る。
切り離されていた私が、融和してゆく瞬間が在る。
瞬間の真実。
在りのままの私。
フィルターを通さない、まっさらな私だ。


無判断でいることの自由。。。
それは、私を束縛から解放する道しるべ。

意味を与え、判断する自由。。。
それは、私自身を様々に変化させ、望む全てを体験できる、
素晴しいツール(画材)なのだ。

すべてが、赦されているんだな。
本当に。。。




さあ!
与えられた素材を生かして、どんな風に楽しもうか。











スポンサーサイト

テーマ:ありのままの自分になるために。 - ジャンル:心と身体


心象風景 TB:1 CM:4 admin page top↑
<<かたち * HOME * 日々徒然・1>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

赦す ということ すごく良く わかりました。
空太夫さんが 思われた 思いも 私もよく理解できます。 
同じようなものを抱えているのかもしれません。
ヾ(。・ω・。)ノぁりが㌧★
by: 翼彡 * 2006/01/11 18:13 * URL [ *編集] * page top↑
 

空ちゃんありがとう。浄化の記事でのコメント、嬉しかった。にこにこ

空ちゃんも、がんばれ~。笑

Ai
by: Aiめぐみ * 2006/01/12 16:57 * URL [ *編集] * page top↑
 

みなそれぞれ、何かしら抱えているよね。
ゆるしも、いろんな感じ方でいいと思うよ^^

わたしも翼彡さんも、それから他の誰かも
美しくて尊いんだって思う。
私たちは、そのことを思いだしてゆく過程に
いるんじゃないかな。
私はそう感じてるよ^-^
by: 空太夫 〉翼彡さんへ * 2006/01/14 16:14 * URL [ *編集] * page top↑
 

こちらこそ、ありがとー^^
素敵な浄化に、私も嬉しくなっちゃったよe-420

私は今、自分のこと、いろんな角度から感じているの。
そう云う風にやってみたいんだって、私が(笑)

またゆったり波乗りを楽しむよ~♪
by: 空太夫 〉めぐみさんへ * 2006/01/14 16:17 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://marugeritta.blog17.fc2.com/tb.php/54-5dd63d47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
何によって操られてきたのか?
 「人生を自由に操れたら、どんなにいいだろう?」 誰もが、内心思っていることではないでしょうか? では私達の人生は、何によって操られてきたのでしょう? この真実の中に、私達を縛ってきた鎖を、断ち切る鍵が隠されています。 歌謡曲の世界では、過去の出来事に.. 自分探しの心の旅【2006/01/31 10:27】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。