スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
分かち合うエネルギー
2005 / 09 / 21 ( Wed ) 22:37:49
私は今の職場に来て、皆に出会えて、互いに関わり合えたことを心の底から感謝しています。
ほんとうにほんとうに、嬉しいのです。


3年と半年前、私は以前の職場を辞め、現在の職場にやって来た。
それは、私にとって二度目の転職。
職場を変えた理由は、どれも「人間関係」。
幼い頃から自信を喪失していた私は、人との関わりもまた、びくびくと怯えながら暗中模索を繰り返していた。周りとの軋轢は、皆少なからず在る(在った)と思うけれど。
ひとつつまずくと、もうそれだけで人生の全てが否定されたような、自分は何ひとつ価値が無いのになんで生きているのか、ダメだダメだこんなに意味の無い存在なのにいつまでも生きているなんて、なんて私は浅ましいんだろう…そうやって自分を追い込んで、ざかざかざかざか切り裂いて。

今思うと、そりゃあ「つらい」よね(笑)
首を絞められれば誰だって苦しい。だって息が出来ないのだから。
自分の愛し方が解らないってそう云うことなんです。
どんな自分だって、決して赦すことなく責め立てて。
なんて云うか、足場の無い崖の上を目隠しして歩いている様な、これはそう云う怖さです。
安心安息安らぎなんて遥か遠くの雲の彼方です。

そんな状態だったから、新しい職場でも当然周りと噛み合わなくなってゆきました。
必死に努力して、自分を追い込んで追い込んで頑張って、あとちょっとだけでいい、マシな自分に成りたい!せめて生きていてもいいくらいマトモな人間に…。

あはは~。外から見たら、さぞかし鬼気迫った形相だったと思います(笑)
余裕のある人から見れば、もっと肩のちから抜こーよーって感じだったろうし、
そうでない人から見れば自分を苛立たせる存在でしかなかった訳で。
(魂の見地からすれば、誰の所為ってことは無いのだけれど)

ただ、今までの様に逃げ出さなかったのは、今、ここに在る自分の苦しみは、私の中からやって来てるってことを、今まで散々同じところをぐるぐる回っていた私には解っていたから。
もう何処にも逃げられない、何処に行っても私が変らない限りまた同じjことを繰り返す。

だから私は、覚悟を決めた。

これからどんなに自分の影に煽られて苦しくなっても、
自分の答えを見つけるまでは此処から決して逃げ出さないんだ
とことんまで向き合ってのた打ち回っても
何かが見えるその瞬間までは決して何処にも行かない…
痛みも何もかも、突きつけられるもの 心に湧き上がるもの全部受けとめよう…
これを越えないと、此処から一歩も動けない…そう思ったのだ。

…色々と、限界だったんだなあ(笑)

まあそれからは、現象や自身の感情と向き合い俯瞰し意味を探ってじたばたしつつ、内観・内省を繰り返しながら「自分を赦す」と云う大きな気付きを経て現在に至る訳ですが(笑)

職場の皆とあれからどうなったかって云えば、なんだかすっかり仲良しに(笑)
私たちは互いに影(でこぼこしているところ)を持っているからやっぱり衝突は在るし、痛いと感じることも多いけれど、でもなんだろう、自分を好きでいられると、周りとぴったり空気が噛み合うのだ。
私は今も変らず影だらけなのに、不思議。
否定や固定観念が和らいでゆくと、相手の心の輪郭にやわらかく寄り添えるのかもしれない。
自分への優しい触れ方が、そのまま反映されてゆくみたい。
少し前までの自分が嘘の様だ。


今日もたくさん人と関わり、優しさに触れ、笑顔に触れ、影に触れてきた。
それは、想いと云う名の、溢れ出るそれぞれのエネルギーだ。
エネルギーとは常に流動し、変化していく集合的意識の広大な海だ。
私たちは互いに触れ合い、自身の心の輪郭を知ってゆく。
私たちは影響し合い、様々なエネルギーを互いに見出すだろう。
そうして私たちは、自身の在り様を瞬間的に生み出してゆくのだ。
エネルギーを分かち合いながら、時に涙し、時に喜びに打ち震え、この先の瞬間もずっと…。



スポンサーサイト

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体


未分類 TB:0 CM:10 admin page top↑
<<巡るいのち・共鳴する宇宙 * HOME * Birth Day>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

人間関係は難しいですね。
僕も、すぐに自分をダメと思ったりしてました。
もともと、クリスチャンだったので、どうしても罪悪感が付きまとうんですね。
仕事も続かないから、いっそこれなら働かないほうが、教えてくれる人に迷惑かからなくて、いいんじゃないかとかね。
でも、「神との対話」に出会って、少し自分を受け入れられるようになったかな(*^.^*)
お互い、もっと自分を受け入れられるようになると良いですね。
by: かっち * 2005/09/21 23:31 * URL [ *編集] * page top↑
 

太夫も、すっこく透き通った空のように見えるよ。
by: Aiめぐみ * 2005/09/22 01:19 * URL [ *編集] * page top↑
 

どもども、はじめまして~♪
履歴から訪問させて頂きました~。
いやーしかし、カラりーんて素敵な音のするブログに、
田舎もののkotoはビクンとしちゃいました 笑;
今は夜中で、横で寝てる彼を起こさないように、
イヤホンしながら覗きにきてたもんで;たは・・

人間関係!大事ですよね。
kotoは来週から新しい職場に転職しちゃいます。
今までの所は人間関係が絶望的やったんで・・
取り付くしまもない人間が世の中にはいらっさるもので、、
自分の人生の時間を少しでも大事にしようと決意しての、
転職となりました。


「相手の心の輪郭にやわらかく寄り添える」って、
素敵な言い回しでおじゃりまする。
感嘆のため息の出る文でおじゃりました。。
がっしょー\(_ _)

いきなり来てたくさん書いてしまいました。
すんませ~ん。。
by: koto * 2005/09/23 03:25 * URL [ *編集] * page top↑
 

罪悪感…自分を責め続けると、どんどん安らぎが遠のいていきますよね。
それって、すごく息苦しい。
胸の真ん中に、ずっしりとした鉛の塊が在るみたな重さで。
そう云うものを抱えて生きていると、とても歩きにくいのだと思います。
私も周りの迷惑とか色々考えすぎちゃって、
ますますこころの迷宮に迷い込んでしまったりして。

この苦しさが良く分かるから、自分を受け容れられた瞬間湧きあがった安らぎに、
思わず涙が出てしまいました(笑)あは。

これからもお互い、いろんな自分を少しずつ受け容れてゆけたらいいですネ!
かっちさんも私も、もっともっと自分を許して良いんだなって思います。

コメントありがとでした★
by: 空太夫 〉かっちさんへ * 2005/09/23 19:26 * URL [ *編集] * page top↑
 

うれしい。
ありがと★めぐみさん!
私の中は、私を縛るものがたくさんあるけど、
私がそれらを受け止めはじめた瞬間から、私の中には
透き通った空みたいな空間が、どこかに生まれたのかもしれない。

だったら好い、なあって思います(笑)
by: 空太夫 〉めぐみさんへ * 2005/09/23 19:54 * URL [ *編集] * page top↑
 

はじめまして!
いらして下さってありがとうございます!

「からりん」にびっくりさせちゃいましたか~(笑)失礼しました
今使っているテンプレートは共同レンタルのものでして、
元々音声着きでした。手を加えたらNGかしら?と思ったので
そのままにしています。とか云いつつ、気に入ってたりしますが(笑)

「自分の人生の時間を少しでも大事にしようと決意しての、
転職となりました。」

私が私に必要なかたちが在ったように、きっとkotoさんにいちばんぴったりな
かたちが在るんだなあって思います。
それぞれが、それぞれの想いのままに、歩んでゆけたら素敵ですネ!

「素敵な言い回しでおじゃりまする。
感嘆のため息の出る文でおじゃりました。。」

わわわっ!
あ、ありがとうございます~!
そんな風に受け取って頂けて、私の方こそ感嘆のため息が出ちゃいますよ~!
ただ浮かんでくるものに言葉を当てているだけなので、
実は頭からからなんですわたし…(汗)

こんな私ですが、またお時間の在る時にでも覗いてやって下さいませ。
私もkotoさんのブログにご挨拶に伺いますね!
よろしくどうぞ!
by: 空太夫 〉kotoさんへ * 2005/09/23 20:35 * URL [ *編集] * page top↑
 

はじめまして^-^

なんて言ったらいいのかな・・・、まさかこんなあったかいコメントがいただけるなんて思ってもいなかったので、とにかくわたしの方が感動し、ボーっとなってしまいました(笑)

わたしの記事の言葉をこんな風に感じ取ってくれてる人がいるんだ・・・って、それは嬉しいだけじゃなく、なんて言うのかな、ホント、空太夫さんのコメントそのものから流れる暖かさで、わたしの方が癒されるっていうのがふさわしいかな^^

>「自分を本当に愛したときに、愛される実感を真の意味で体験できると思う。」
>今ようやく、私は自分を愛せるようになってはじめて、
>自分の内側に安らぎ(愛)の泉が佇んでいることを知りました。
>それは、喩えようのない喜びの世界でした。
>だから蓮さんのこの言葉にとっても共感できました。

この記事でこの言葉を書いたとき、この言葉の真意が本当の意味でわかる人ってどれぐらいいいるのかなって正直思いました。
そして共感された人がその答えだろうと思っていました。

空太夫さんは、本当に自分を愛することができていると思います。
その経験がなければ、これらの記事のわたしの言葉たちは単に言葉としてしか入らないから。
自分を真に愛する経験をしているからこそ、心に染みる。
単に染みるんじゃなくて、真に染みる。

こちらこそ、本当にありがとうございました&感謝です。
&心が暖かくなりました^-^

・・・・・・・・

素敵なブログですね♪
もしかして、わたしがFC2のブログだった頃にも訪問してくださったことがありますか?
違ったらごめんなさい^^;

by: dozen/Ren * 2005/09/25 01:34 * URL [ *編集] * page top↑
 

いらして下さってありがとうございます!
「わたしの記事の言葉をこんな風に感じ取ってくれてる人がいるんだ・・・って、それは嬉しいだけじゃなく、なんて言うのかな、ホント、空太夫さんのコメントそのものから流れる暖かさで、わたしの方が癒されるっていうのがふさわしいかな^^」

わあ…!そんな風に感じてくださって嬉しいです…!
それはそのまま、私がRenさんの記事を読んで感じたことだから…。
読みながら、こころの真ん中がどんどん暖かくなってほかほかして、
幸せな気持ちで胸がいっぱいになりました。
それが嬉しくて嬉しくて、その感動をどうしてもRenさんに伝えたくて、
湧きあがった歓びのままにキーボードを叩きました。
その想いがRenさんに届いたんだって今知ることが出来て本当に嬉しいです。
ありがとうございます☆★☆

「もしかして、わたしがFC2のブログだった頃にも訪問してくださったことがありますか?」

実はあります(笑)
以前、宇宙物理学関連の検索をした時にシリウスさんと云う方のサイトに出会い、
そちらからRenさんのブログへ導かれました。
でもその時は、「自分を愛する」と云う気付きにi至っておらず、精神世界の探求は今こんなにも深い根源にまで及んでいるのか、と
ただ驚きを以って拝見したのを今でも覚えています。
ネットを始めて一年にも満たなかったもので、ここまで広がりを持っていることを
全く知らずにいて、急に視野が開けた様な感覚でした。
それからと云うもの、ずっとこっそり拝見してました(笑)
これで私も脱ロムです(笑)
これからも、伺わせて頂きますネ☆

ちなみに、名前は空太夫(そら たゆう)と読みます。
よろしくどうぞ!
by: 空太夫 〉Ren さんへ * 2005/09/25 09:10 * URL [ *編集] * page top↑
 

こんばんわ♪
うわぁ~返事がされている!^-^
返事されてるかどうか見に行く癖がないので、知らないままでいるところでした。
見つけて嬉しい♪♪
パクッてまた返事しにきま~す^-^v
by: dozen/Ren * 2005/09/26 19:43 * URL [ *編集] * page top↑
 

あはは~★
見つけてくれてありがとうです。
どんどんパクッちゃってくださいな♪
楽しみです~☆★☆
by: 空太夫 〉Ren さんへ * 2005/09/27 00:15 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://marugeritta.blog17.fc2.com/tb.php/19-c4479b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。