スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
なんとなく眼にするものたち
2006 / 11 / 13 ( Mon ) 04:19:13
dozneの蓮さんブログ →http://ryu-and-ren.seesaa.net/article/27281894.html
にこんな記事があった。
シンボルリーディングのとっても参考になる内容だった。
目の前にある、何気ないことからでもこうしてメッセージは届けられているんだあ。
ちっとも活用できていないわあ^^
大体私がメッセージを読むのは、主に数字からだし。
わかりやすいから(笑)
こう云うのも、少しずつ受け取ってゆこう。

ふと見れば、蓮さんの記事のアップされた時間が23:23になっていた。
あらら、これもメッセージかな。
そういやここんとこ何度も見たなあ2と3の羅列。
そんなわけで、数字の意味を本で確認してみた。

【アセンデット・マスターがあなたの新たなプロジェクトの共同制作者として働いています。
彼らはあなたと興奮をともにしていると言っています。
そしてすべてがあなたにとってうまくいっていることを知ってほしいのです。
彼らはあなたの未来がすでに望む幸福で満ちていると保障しています。
あなたのこの新たな人生の段階を楽しんで下さい。】


確かに、11月10日を機に何かが切り替わった感じはするな。
また別の周期に入ったのかもね。
あと、数字メッセージの本を持ってくる時に、ふと何かを感じてもう一冊の本も手に取っていたの。
で、ぱっと開いたら、サナンダからのメッセージが載っていた。
「インナードア・Ⅰ」エリック・クライン著、水田正秀訳、から以下抜粋。

私はあなた方に素晴らしい宇宙の存在や、エネルギーの場について話して差し上げますが。。。
それは知的欲求を刺激する程度だけ。。。あなた方に知りたいという気持ちを起こさせるだけ。。。
にとどめ、あとはあなた方自身が次のステップを選択するように、自分自身ために実体験する
ようにと、皆さんを導くように心がけています。
皆さんがどのような観点を持っていようと、あなたが誰であり、個人的にどんな経験を持ち、
どんな経験を積んできたとしても、すべての人々に共通していることがひとつあります。
もしもアセンションを強く望み、高次元の観点を手にすることを説に求め、永遠の生命得て
銀河を放浪することを切望するのであれば、あなた方は「心の内なる扉」を通り抜け、
歩みださなければなりません。
そしてあなた方がそうするなら、私はあなた方と共に歩み、あなた方の手を取り、私の愛で
包み込み、激励し、その途上でたぶんちょっとした冗談も言うことでしょう。
これは皆さんの信頼性を高め、清浄さを崇高なものとし、心を穏やかにし、身をゆだねる能力を
与える為に必須のことだからです。これが身をゆだねる道なのです。
あなた方は最後にはすべてを手放すことになります。
そして、神霊だけが残り、あなた方のそばで道を指し示し、皆さんをどんどん先へ導いて行きます。
この世における数々の執着を皆さんが手放さなければならなくなったときに、私がいま話している
ことを多くの人々が理解することでしょう。
あなた方は地球に対し、どんなに多くの執着を持っているかを目の当たりに見せ付けられ、また
それらがどんなにあなた方を引き留め、後退させていたかを見せられてきました。
そして。。。すべての執着を手放すときがきます。委託の心を持って神霊に身を委ねるとき、
執着を手放すことは高尚に、また比較的楽に成し遂げられます。
この選択はすべての人類に対して開かれています。皆が同じ道を歩みます。
あなた方がどのような宗教を信仰していようと、かまいません。
あなた方はみな同じ扉を通るのです】


ちょっと抜粋長すぎた(笑)
ゆだねることを促されつつも、ゆだねきれない自分の為に記しておこう。


スポンサーサイト

未分類 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<5日目・後編 * HOME * 流れ>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

\(⌒▽⌒)/サナンダだ♪

この時期見せてもらえることに感謝です♪
by: 瑠璃 * 2006/11/13 10:18 * URL [ *編集] * page top↑
 

シェア出来てうれしいよ!
このタイミングに感謝です^^
by: 空太夫 〉瑠璃さんへ * 2006/11/13 20:28 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://marugeritta.blog17.fc2.com/tb.php/176-f5e53733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。