スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
2006 / 08 / 06 ( Sun ) 22:23:30
わたしは毎日夢を見る。
でも、朝起きるとその殆どを忘れちゃうのだ。
しっかり覚えていられれば、メッセージとかいろいろ在りそなんやけど。
しかーし!今日はめずらしく覚えてたんだなこれが。
前半部分はすっ飛んじゃってるけどね^^

わたしは、なにかを学んでて、夢の終わり際に選択を迫られたの。
いくつか穴があって、その穴は新しい可能性に繋がってるの。
他にも人がいて、みんなどんどん自分で選んだ穴へと入ってゆく。
わたしも入ろうとしたら、その穴はなんかくもの巣みたいな煤でいっぱいで、
わたしはえっと思って躊躇ってしまった。
でも、一人の女性がそんな穴の中を迷うことなく進んでいったのを見て、
よし!わたしも行こう!そう決意して穴に飛び込んだ。

そしたら、見渡す限りの青空が広がった、明るいところに出たの。
虹のようなものが見えて、そこには、オレンジ色した天使がいた。
翻訳つきの英語でなにかお話したんだけど、うー思い出せない。
ただ、わたしが選んだこの道は、創造の道なんだってことは理解した。
オレンジの天使は、この新しい道のナビゲーターなんだ。
教師であり、導き手でもある。
その天使と、その他にも何人かいて(姿は分からなかった)、みんなで
風に乗って真っ直ぐ進んでいた。
揺れの無いジェットコースターって感じだった。

そこで夢は終了。
あれ、なんだったんだろうなあ。
わたしは自分の進む先を決めたいんだろうな。。。というのは分かる。
なにかしたいんだよ。
でも、なにをしたいのか分からないの。
焦ってなんかしても、また投げ出しちゃうし。
創造の道。。。これから自分で創ってゆきなさいよってことかなあ?
オレンジ色の天使はなんだろう。

わたしは最初、オレンジ=第2チャクラをイメージしたの。
今日仕事から帰ってきてからキャロライン・メイス著書「7つのチャクラ」を見てみたら、
第2チャクラのところでこんな記述があった。

「第2チャクラの物理的エネルギーは、全ての人間関係は根本的に霊的なメッセンジャーである、ということを象徴している。それは、自分の持つ強みや弱みについての気付きを自分の人生に、(そして相手の人生にも)もたらす働きをするのである。
家庭、仕事、住んでいる地域での関係から政治活動にいたるまで、全ての人間関係は
霊的な価値を持つ。第2チャクラのエネルギーは、人間としての成長を助けてくれるのだ。
誰が、そして何が自分にとって価値があるかをすぐに判断したがる衝動を捨て、相手を敬うことや、自分に与えられた課題に対して意識を向ければ、その象徴的な価値が見つけやすくなる。」

。。。って、これ、今わたしが現場で直面してるこそのものやん!
日々学んでますはい。
小さな選択を毎瞬迫られてるデスはい。
「生か死か」、ならぬ「愛か恐れか」だでよ~。
最近感じるんだけど、選択って全ての瞬間に在って、それは必ずこの二つのどっちかなんだ。
愛を選択できることもあるけど、どっちかっていうとエゴのが多い気がする。。。あう。
あと、こんな記述もあった。

「選択するという力こそが、私達の霊を物質に、言葉を形あるものへと変換する働きである。
選択とは、創造のプロセスそのものである。
私達の行う選択が、私達の霊を物質へと織りなしていくという事実こそ、世界の主だった
霊的教えが、基本的にただ一つのレッスンを中心に形成されている理由でもある。
それは、賢い選択をしなさい、ということだ。
なぜなら一つ一つの選択は、自分の霊の力を創造的に行使することに他ならず、
その責任も自分でとらなければならないからである。」

。。。そのまんま今のわたしだ(笑)すべては自己責任。誰の所為でもない。
でもだからこそ、エゴ(恐れ)ではなく愛の選択をすることが出来れば
もうそこには、愛しかなくなるんだ。

感謝。。。すぐ忘れちゃうから、また思い出そう。
感謝の祈りをたくさんしよう。
わたしはいつもエゴに煽られてぐるぐるしてるけど、やっぱ愛がいいもん。
愛は気持ちいい。愛はやすらぎ。愛はすべてを受容する。
この物質世界が二極化されているならなおさら、わたしは心地良いものを選択したい。

わたしが見た夢の意味、あんまり分かってないけど、創造するなら愛がいいなあと思う。
この先、何を選択して何をしていくとしても、愛に根ざしてれば、それでいいんだって思った。






スポンサーサイト

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体


探求 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<やりたいこと * HOME * わたし>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://marugeritta.blog17.fc2.com/tb.php/104-302106f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。