スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
変化
2005 / 12 / 31 ( Sat ) 13:28:06
テンプレート、一新したよ★
タイトルまで変えちゃった^^

光り輝く年明けに向けて、気持ちも心機一転、
軽やかな感じで新年を迎えようと思ってます。

今年は、みんな本当にありがとう。
いろんな出来事を通して自分の本当の気持ちがたくさん見えたよ。
開放も出来たし、前よりもっと自分のことが好きになったよ。
ブログ友達も増えたし(笑)新しいことも始められたし、うん、いい感じだ~♪

今年一年、関わりあった全てのいのちに感謝します。

みんなこれからもよろしくね!
スポンサーサイト

未分類 TB:0 CM:4 admin page top↑
ぴっかぴか
2005 / 12 / 30 ( Fri ) 01:16:03
ここんとこ、またまたいろんな波が在って
ちょっと(いや大分?)ぐるぐるしてたけど、
なんだか元気になっちゃった^^

ウキウキする気持ちが戻ってきた。
うん、いい感じだ~♪

ふっとね、こころが軽くなったらさ、
最近の太陽の眩しさ、スパンって具合に
真っ直ぐ降り注ぐ光の美しさを思い出したんだ。

ああホント、キラキラしてて、気持ち良かったなあ。
毎日の様にあんな綺麗なひかりを浴びれて、わたし幸だ~^^

こころも身体も洗われて、ピッカピカだね!

最近、食事の時も感謝の祈りがおろそかになってたし、
もっと大切にいのちを頂こう。

空とか風とか草花とか、そう云う清らかなものたちと
たくさん触れ合おう。
彼らが与えてくれている恩恵を、思い出そう。

ちょっとしたことからでいいんだ。
無理のない感じがいいんだ。

手を止めて、こころ静かにこの手に在るものを見つめよう。

住む所が在るとか手足が在るとか身体が動くとか、
目が見えるとか耳が聴こえるとかペットがカワユイとか、
そう云うとこからでいいんだ。

気が付くことが、最初の一歩なんだよね。

ありがとうがこんなにたくさん^^
嬉しいなあ。。。

本当のやすらぎも愛も、自分の心の奥からやってくる。
でも時にはこうして、この身に在るものたちに感謝しよう。

自分に与えられていた、多くのギフトに気付いてあげよう。
そしてそれは、わたし自身の癒しにもなってゆくから。


やっぱり「ありがとう」って大切だネ☆




テーマ:元気になる♪ - ジャンル:心と身体


心象風景 TB:0 CM:4 admin page top↑
贈る言葉
2005 / 12 / 27 ( Tue ) 23:47:02
私は時折、立っていられない程

激しい恐怖に襲われることがある。

今でも在る。

体の芯から、衝動的に震えが走るのだ。

私は、このままでいいのか。

私は、ぜんぶが違っているのじゃないか。

私は、誰にも相手にされないのじゃないか。

他人が怖い。

人間が、怖い。

なんて、おぞましい自分。

どうして生きているのかわからない。。。

そんな時は、ただそっと自分を抱きしめる。

心の中で、抱きしめる。

そうして、不安と恐れに立ちすくむ私に

こんな風に云ってあげるんだ。

いつかどこかで、孤独に泣いていたあの頃の自分に。

大丈夫だよ。

そのまんまで、いいよ。

大好きだよ。

他の誰もが、私を否定しても

私だけは、あなたのそばにいるからね。

決して、見捨てたりしないからね。

尊いわたし。

どんなに醜くても、愛しいわたし。

宇宙にゆるされているわたし。

あなたはそのままに、生きていてもいいんだよ。

そうやって、私は私に受容の言霊を贈る。

私の心が満たされるまで、何度でも、何度でも。

私の心が癒されるまで、繰り返し、愛を紡いでゆく。

あまりに多くの痛みが、手当をされることなく

やり過ごされてきた。

治療が、必要だったのに。

愛が、必要だったのに。

だから私は、私に愛を送り続ける。

私もまた、美しいいのちなのだ。

愛から生まれた魂なのだ。

この胸の奥には、いつだって愛の泉が佇んでいる。

そのことを、私が思いだせる様に。

毎瞬毎瞬、感じていられる様に。

掛け替えのない、私へ。。。

テーマ: - ジャンル:心と身体


こころ TB:0 CM:4 admin page top↑
愛を紡ぐ
2005 / 12 / 26 ( Mon ) 01:51:13
私の中には愛が在る。

そりゃエゴも在るけどさ、愛もちゃんと在るんだよ。

最近ようやく、本当の意味でそのことに気が付いた。

頭ではね、分かってたよ。

でも気持ちが届いてはいなかった。

心で愛を感じることは何度も在ったし、

今まで生きてきて、愛の選択を出来たこともあった。

それを私は自分で知っていた筈なのに、

私は「愛の在る私」を信じてはいなかった。

自己信頼があまりに無さ過ぎた。

これも、分かっていたことなんだけど。。。

そんなに、自分を貶めなくてもいいのにねえ(笑)

だってサ、私の中に暖かくて優しくて

何かを愛しく想う気持ちがなければ、

誰かから、暖かさや優しさや、愛を感じることもきっと無かった。

なにかを美しいと思う時、私の心にも

その美しさを感じる美しい私がちゃんと存在してるってこと。

私、もっともっと、自分のことを認めてあげよう。

エゴの私も、愛の私も、まるごと愛せる様に。

ぜんぶぜんぶ、どんな私も赦してあげたいよ。

癒してあげたいよ。

あいしてる。

不器用で、自分勝手で、そして自分を信じることが出来ない私を。

愛しているよ。

愛してる。

たった一つの、愛しい私。。。

テーマ: - ジャンル:心と身体


心象風景 TB:0 CM:2 admin page top↑
壊れたパソコン
2005 / 12 / 26 ( Mon ) 00:45:52
ここんとこ、パソコンの不調でネット散策はおろか、
メールの送受信も出来なくてどうしようかなあって思っていたら、
なんかいつの間にかあっさり直っちゃった^^
相変わらずエラーは在るんだけど、ネットに繋がる様になったんだ。

「な、なんだったの???」
って感じだけどね(笑)理由はなんとなく分かってる。

出来事には意味が在るからさ、何で壊れたんだろうって
探っていったらある時ね、気付いたんだ。

わたしは、ネットに依存しているって。。。

こうして(時々だけど)ブログを書くこともみんなとの交流も、
わたしにとっては大切で掛け替えのないものだった。
内観にもなったし、自分を見つめるのにとても役立ってるしネ。
だからね、全部を否定してるんじゃないんだよ。
無駄なものなんてひとつも無かったもの。

何事も、バランスだから。
傾きすぎると、元(まん中)に戻る為に反動がやって来るんだ。

今回は、ネットと自分の距離感を見つめ直しなさいよって
ことだったんだと思う。
無意識に、深刻ではないけれどもでも確かに、依存が在ったから。
わたしの中に、恐れを見つけたから。
わたしはそのことを、自分で気付く必要が在ったんだ。

面白いことにね、自覚したとたんに直っちゃったのよ。
だから、そう云うことなのかなあって。

わたしは今、自分を縛るあらゆるものから開放されたいと
思っているし、その為には、自分の中の恐れに目を向ける
必要があることも理解している。

わたし自身が望んだ結果として、こうして向き合う機会を
与えられたんだなあって思う。

うん。ありがたいなあ^^
これも気付きのギフトだね。

これからもネットは続けるけど、程よい距離を心がけよっと。




小さなものから大きなものまで、
固定観念をどんどん手放して、自由になろう。
いろんな波がやって来るけど、それらはみんな、宇宙からの愛在るプレゼント。

それは、こころの枷を手放すチャンスなんだ。
だから、大切に向き合ってゆこう。
わたしらしく、軽やかに。




未分類 TB:0 CM:2 admin page top↑
私の愛するわたし
2005 / 12 / 17 ( Sat ) 18:58:02
すべての出来事が、私には必要だった。


今の私になる為に。


すべての出会いが、私には必要だった。


真実のわたしを知る為に。


触れ合ったすべてのいのちが、私には必要だった。


私の内に眠る、傷付いたわたしを癒すために。


わたしがわたしで在るために。


そして何よりも


わたし自身を愛するために…。




テーマ:こころ - ジャンル:心と身体


心象風景 TB:0 CM:4 admin page top↑
祈り
2005 / 12 / 16 ( Fri ) 00:03:15
ひとつ不安のベールを剥ぐ毎に
美しい真実がキラキラと舞い降りてきた。


感じる想いを両手を広げて抱きしめたら
私はまたひとつ、神様からゆるしを得た。


手放して、ようやく見えるものが在る。
自分にさらけ出して始めて、昇華できるものが在る。


間違いなんて何処にもなくて。
そこにはただ、神聖な体験が在るだけだった。


私は、愛を受け取った。
さらさらと降り注ぐ、優しい愛を受け取った。


それは、受容であった。
それは、慈しむことであった。
ただ在りのままに、抱きしめることであった。


私は、あなたから貰ったあふれんばかりの愛を、忘れない。
私は、あなたという神様がくれたこの贈り物を、大切にするよ。


ぽろぽろとこぼれて落ちる涙と一緒に
私は心からの祈りを捧げよう。


掛け替えのない、あなたの為に…。


テーマ: - ジャンル:心と身体


こころ TB:0 CM:2 admin page top↑
私の心にやすらぎを
2005 / 12 / 11 ( Sun ) 22:49:54
わたし、ホントに
「こうでなければならない」
「これは絶対にこうなんだ」
がたくさんあるな。

そう、みんなそれぞれ違っていいし、向かう場所は一緒でも、
たどる道のりまで同じである必要は無いんだよね。
私たちみんな、自由なんだから。
自分にとっての真実がただ在るだけなんだ。

ふう、解っているようですぐに忘れちゃうね^^
まあいっか。
こうして気付いたから。
また忘れても、また気付けばいいんだし。
だって宇宙は何度だって、気付きの為のギフトを与えてくれるから。

安心して、学べばいいや~(^-^

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体


こころ TB:0 CM:4 admin page top↑
いのち瞬く
2005 / 12 / 11 ( Sun ) 19:54:05
すべての苦しみを生むのは自分。

悲しいと感じるのは、自分。

誰かに苛苛と腹を立てるのは、自分。

こんなの絶対に間違ってる!!!

そう感じているのは、自分。

なんてひどいことを云うのだろう!

そう受け取っているのは、自分。

如何してあの人はいつもああなんだろう。
なぜ、わたしが嫌がることばかりするのだろう。

それは、自分がどこかで誰かに同じことをしているから。

それは、自分を嫌がる自分が、心のどこかに潜んでいるから。

人は、自分のこころの内に在るものしか体験しない。

何かが目の前にやって来たとき、まず自分の中から点検してみよう。

わたし達は、自分の感じる「正しさ」を、
自分が思う以上に誰かに押し付けてはいないか。

あなたはあなたの知らぬ間に、
「自分には価値が無いから、こんな目にあっても仕方がないんだ。」
そんな意味を自分に与えてはいないか。

此処は、あらゆる思考が現実化してゆく無限の世界。

あなたの心に浮んだものが、忠実に再生されてゆく。

ならばわたしは今、この瞬間から、美しい明日を想像してゆこう。

すべての出来事に、素敵な意味を添えてあげよう。

わたしには、そうすることが出来るんだ。

あなたにも、そうすることが出来るんだ。

それがわたしの選択だ。

あなたは、如何する?



あなたの

わたしの

こころの世界が

喜びにあふれるその瞬間

愛と赦しに満たされたその瞬間

わたし達を巡るすべての世界から

ほんの僅かな諍いさえも

瞬く間に消え去るだろう



真実は、今、この瞬間に。

神は、

わたしは、

この一瞬のなかにこそ、存在し続ける。




私は愛。私はやすらぎ。私は赦し。私は無限。
愛し愛され愛そのものの、喩えようもない程の歓びを私たちは知っている。
私たちは、愛の粒子だからだ。
愛と云う名の神と、ひとつだからだ。

ならば何故、私たちは迷い、傷付くのだろう。

それは、私たちを縛りつける強い観念が在るから。
私たち全てが神(愛)の粒子で在ることを忘れてしまったからだ。
「素晴しくない自分]を信じているからだ。
「価値の無い自分」を信じているからだ。
「これが真実だ!」そんな誰かの思い込みを、信仰しているからだ。

何故、そう感じる様になっていったのだろう。
どうして、そんな思い込みが始まったのだろう。
私は深く、深く、潜ってゆく。

あらゆる捉われを開放する為に。

自分の全てを赦す為に。

いのちのすべてを愛したいから。


テーマ:こころ - ジャンル:心と身体


未分類 TB:0 CM:2 admin page top↑
開放
2005 / 12 / 10 ( Sat ) 21:46:15
はっと気付けば前の記事からかなりの間が空いてて自分で驚いた。
うん、この期間中に、いろいろ在ったよ。
在りすぎて、そいでもって昇華しきれなくて、それを文字にすることも出来なかった。

自分のしたことを、善悪で推し量ろうとしてずいぶん自分を責めた。
いつもいつも愛を以って何かを選択できたら、どんなにかよいだろう。

わたしは、自分がエゴを選んだのか愛を選んだのか、その答えを自分で知ることが恐ろしかった。恐ろしいと感じるなら、きっとそれはエゴだったんだ。

でも反面、ずっと長いこと押し込めてきた感情が明確になった出来事でも在ったから、
そのことは良かったなあって思ってる。
わたしはもう、開放してあげなければどうにもならないところまで追い詰められていたんだ。
望まないことを受け容れ続けることに、くたくたになってたからさ。

ここ最近、波は在っても安定してるなあって感じ始めた矢先にどかっとね、来ちゃったなあ。
「ここでしっかり、自分の感情に目を向けなさいよ~」
って感じにさあ。ほんと、目の前に引っ張り出されて顔を背けらんないことになっちゃった。

でもそれだって、わたしの中で準備が調ってなければ表面化しなかったろう。
それは、「今」だから。「今」のわたしだから。

受け容れるしかないよね。
認めるしかない。
わたしが何を思い、何を感じているのか。
わたしはずっと、如何したいと願ってきたのか。

自分の選んだ結果のすべてを。
ただ、在りのままに。


良いも悪いも今はいい。
わたしがしたかったことは何?


わたしは叫びたかった。泣き叫びたかった。
もうぜんぶを終わりにしたかった。


わたしは、何を感じていた?


わたしを誰かと比べないで。
わたしは誰かじゃない。わたしでしかない。
わたしは、誰かの望む何かにはなれない。

否定も批判も聞き飽きた。
もうたくさん。


わたしは、誰かを責めるわたしを認め、
わたしを責めるわたしを認め、そのままのわたしを認めよう。
わたしはきっと、自分がいちばん見たくなかったものを知る必要が在ったんだ。
認める必要が在ったんだ。

無意識に沈めていった数多の想いを。
その瞬間瞬間、自分の感情に蓋をしなければ、縺れる筈のなかった心の糸を。

わたしは、それを解してゆくんだ。
わたしのほんとうの心をわたしは知ってゆく。

より深く、より鮮明に。

喩えそれが、美しいものでなくてもいい。
わたしはわたしの為に。
わたしを抱きしめる為に。


そうしてすべての制限を捨て去って、光り輝く大空へ飛び立とう。



自由へ!


何処までも、自由へ!


わたしが科したもの以外、わたしに制限は、ない!





すべてが完璧で、すべての出来事に意味が在る。
だからきっと、こんなわたしも尊くて、そして美しいのだ。




テーマ:こころ - ジャンル:心と身体


心象風景 TB:0 CM:4 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。