スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
伝えたいこと
2007 / 01 / 20 ( Sat ) 01:50:58
分かった振りはやめましょう。
気付いた振りもやめましょう。
知ってるつもりもやめましょう。

外の世界に価値を求める自分を認めましょう。
他者と優劣を競う自分を認めましょう。
「特別」に成りたがる自分を認めましょう。

自分の価値を知りましょう。
どんな自分も、否定しなくてもいいのだと知りましょう。
「特別」を求めずともすべての存在が既に特別であることを知りましょう。

それは自分を尊ぶことです。
そして自分を愛することです。


(私へのメッセージ)



スポンサーサイト

こころ TB:0 CM:3 admin page top↑
過去も未来も
2006 / 05 / 22 ( Mon ) 00:36:25
わたしは、すぐに自分以外の何かになろうとする。
そう云う癖を持っている。
遠くにある美しいものにばかり目を奪われて、
自分の内側に在る輝きに気付かない。

本当の答えは、私のなかに。
スピリットはすべてを知っている。

感じること。ワクワクすること。
うれしい。楽しい。ありがとう。
いまここ。
私と云う中心に生きる。
今、此処。
ここにしか、私はいない。

わすれんぼなわたし。
でもいつも大切なことは、世界(鏡)が教えてくれるんだ。

いましかない!
今しか、ない!

現在(いま)しか ない!

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体


こころ TB:0 CM:2 admin page top↑
癒し
2006 / 02 / 13 ( Mon ) 12:15:31
昨日もまた、傷付いたままの幼い私(インナーチャイルド)が出てきたので受け容れた。
心の奥底に押し込めていたたくさんの感情を、沸き上がるままに開放してゆく。

罪悪感によって封じられてきた想いたち。
優しく紐解いて、ひとつひとつ耳を傾けたんだ。

愛してくれと
ゆるしてくれと

小さなわたしが泣いて叫んで訴える。

ごめんなさい
ごめんなさい
わたしをきらいにならないで。。。

うん。
安心していいよ^^
嫌いになんか、ならないよ。
今まで、辛かったね。
寂しかったよね。
ひとりぼっちじゃないからね。
あなたには、私がいる。
あなたを支える身体がいてくれる。
あなたを生かす、いのちが在るよ。
たくさんたくさん、在るんだよ。
樹や草花たち、風も空も太陽も、あなたを祝福しているよ。

さあ、深呼吸して、こころを静かに拡げてゆこう。
あなたを愛するすべてのものが、あなたに光を送っているよ。

感じてごらん。。。





私は抱きしめてキスをした。
チャイルドは、ゆっくりと満たされていった。








テーマ:こころ - ジャンル:心と身体


こころ TB:0 CM:0 admin page top↑
贈る言葉
2005 / 12 / 27 ( Tue ) 23:47:02
私は時折、立っていられない程

激しい恐怖に襲われることがある。

今でも在る。

体の芯から、衝動的に震えが走るのだ。

私は、このままでいいのか。

私は、ぜんぶが違っているのじゃないか。

私は、誰にも相手にされないのじゃないか。

他人が怖い。

人間が、怖い。

なんて、おぞましい自分。

どうして生きているのかわからない。。。

そんな時は、ただそっと自分を抱きしめる。

心の中で、抱きしめる。

そうして、不安と恐れに立ちすくむ私に

こんな風に云ってあげるんだ。

いつかどこかで、孤独に泣いていたあの頃の自分に。

大丈夫だよ。

そのまんまで、いいよ。

大好きだよ。

他の誰もが、私を否定しても

私だけは、あなたのそばにいるからね。

決して、見捨てたりしないからね。

尊いわたし。

どんなに醜くても、愛しいわたし。

宇宙にゆるされているわたし。

あなたはそのままに、生きていてもいいんだよ。

そうやって、私は私に受容の言霊を贈る。

私の心が満たされるまで、何度でも、何度でも。

私の心が癒されるまで、繰り返し、愛を紡いでゆく。

あまりに多くの痛みが、手当をされることなく

やり過ごされてきた。

治療が、必要だったのに。

愛が、必要だったのに。

だから私は、私に愛を送り続ける。

私もまた、美しいいのちなのだ。

愛から生まれた魂なのだ。

この胸の奥には、いつだって愛の泉が佇んでいる。

そのことを、私が思いだせる様に。

毎瞬毎瞬、感じていられる様に。

掛け替えのない、私へ。。。

テーマ: - ジャンル:心と身体


こころ TB:0 CM:4 admin page top↑
祈り
2005 / 12 / 16 ( Fri ) 00:03:15
ひとつ不安のベールを剥ぐ毎に
美しい真実がキラキラと舞い降りてきた。


感じる想いを両手を広げて抱きしめたら
私はまたひとつ、神様からゆるしを得た。


手放して、ようやく見えるものが在る。
自分にさらけ出して始めて、昇華できるものが在る。


間違いなんて何処にもなくて。
そこにはただ、神聖な体験が在るだけだった。


私は、愛を受け取った。
さらさらと降り注ぐ、優しい愛を受け取った。


それは、受容であった。
それは、慈しむことであった。
ただ在りのままに、抱きしめることであった。


私は、あなたから貰ったあふれんばかりの愛を、忘れない。
私は、あなたという神様がくれたこの贈り物を、大切にするよ。


ぽろぽろとこぼれて落ちる涙と一緒に
私は心からの祈りを捧げよう。


掛け替えのない、あなたの為に…。


テーマ: - ジャンル:心と身体


こころ TB:0 CM:2 admin page top↑
私の心にやすらぎを
2005 / 12 / 11 ( Sun ) 22:49:54
わたし、ホントに
「こうでなければならない」
「これは絶対にこうなんだ」
がたくさんあるな。

そう、みんなそれぞれ違っていいし、向かう場所は一緒でも、
たどる道のりまで同じである必要は無いんだよね。
私たちみんな、自由なんだから。
自分にとっての真実がただ在るだけなんだ。

ふう、解っているようですぐに忘れちゃうね^^
まあいっか。
こうして気付いたから。
また忘れても、また気付けばいいんだし。
だって宇宙は何度だって、気付きの為のギフトを与えてくれるから。

安心して、学べばいいや~(^-^

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体


こころ TB:0 CM:4 admin page top↑
涙をながす
2005 / 10 / 08 ( Sat ) 00:29:44
inochi1.jpg


今日、たくさん気付きが在った。
自分で「私は大丈夫!!」って押し込めていた想いが開放されたのだ。
ああ、私、こんなに傷ついていたんだね。こんな風に感じていたのか。
そうやって、あの日あの時あの場所で、心に刻みつけてしまったもののひとつが
はっきりと見えたんだ。

よかった。
見えてよかった。
本当に良かった。

たくさんの影を炙り出してくれた人達に、感謝。
受けとめてくれたあの人に、感謝。

いっぱい泣いて、自分を癒して、頑張らないでムリなくゆこうネ。

こう云うわたしだって、いいんじゃない?

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体


こころ TB:0 CM:11 admin page top↑
神の揺りかご
2005 / 09 / 28 ( Wed ) 02:24:36
只今しょんぼりモード発令中です。

 しょんぼり=落ち込み気味のこと
 (太夫辞典より抜粋・笑)

心の奥の私が望まないことを在る意味強行突破してやってしまったので、
その反動で胸の中がもやもや~っとしてまする。 はー、しょんぼりだあ。

ここ最近のしょんぼり履歴は、

 ★「こうで在るべきなのに何故こうしないのか」と云う
  線引きをして周りに押し付けてしまった。
  ⇒結果的に私自身を否定・線引きして息苦しさを覚えたこと。

 ★今までとてもとてもお世話になった、私にとって第二の母とも
  呼べる人への依存と執着のかたちを知る過程での不安と苛立ち。
  ⇒自覚したら収まった(笑)

こんな感じ。
これは職場だとか、人との関わりの中で浮き出てきた私の影の部分です。
私だけだと見えにくいところをこうして照らして教えて貰えるのだから、
やっぱり私にとって、人間関係ってとても大事だなあってつくづく思う。
皆と関わって想いを分かち合えて、わたしほんとにしあわせって感じてるんだ。
嬉しくて嬉しくて、うきうきしちゃう(笑)
いろんなものが愛おしい。

  みんな ありがと~!!

                なんて思わず叫んじゃうくらい。


あれれ話がずれた(笑)

う~ん、今回は心の声に耳を傾けなかったから、こんなにずしーんと重いんだなあ。
魂が「私の声を聞いて!」ってきっと訴えてるんだあ…。

ごめんねえ。
聴こうとしなくてほんとごめんねえ。
でも私、それでも私を嫌いになったりしないよ。
寂しいって感じたら、ずっと傍にいるよ。
私がぜんぶを許せなくっても、私はそっと手を触れて抱きしめて、
優しく静かに寄り添うよ。

大好きだよ。




私が以前とガラリと変わったもんだから、
職場の人が「何があったの?!」聞いてきた(笑)
正直に「自分を好きになったんだ」って答えたら爆笑されたよ。
んん?なぜに?

ちなみにその後、
「太夫は自分に恋したのねえ…」と云われたとです。

うん、そうかもしれない(笑)






本当の私の声を振り切って遠く離れていこうとすると、
とたん不安や恐れがわきあがる。
本当の私は、愛そのもの、安らぎそのものだからだ。

神そのもの、でもあるのか。

一体である歓び、無限の愛を体験する為に肉体によって分かたれた私たち。
ひとりぼっちと思い込んでいるところから、すべては神、すべてはひとつだって
思い出すまでは、こう云う分離感が付きまとうのかもしれない。

私たちの存在は繋がっている。
愛のひかりは絶え間なく、
どんないのちにも降り注いでいるのだ。

だから安心していい。
心ゆくまで人生を謳歌しよう。
全ては調えられている。
私たちは在りのままで完璧だ。

なぜならここは、神の揺りかごなのだから。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体


こころ TB:0 CM:7 admin page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。